2007年09月12日

全公演を振り返らナイト1

スタジオ編集部 : もうすぐ、「全公演を振り返らナイト1」始まります。
諏訪 : こんばんわ。
永野 : こんばんわー。
MC中路 : どうもこんばんは、スタジオ編集部の中路です。
諏訪 : 旗揚げメンバーでーす。
MC中路 : こちらは、ヨーロッパ企画のこれまでの全本公演を、
永野 : 満9年?
諏訪 : 9年目かなあ。
MC中路 : ダイジェスト映像を見つつ、振り返っていこうという企画チャットです。
MC中路 : 今日はその第1夜ということで、2002年までの本公演を、
MC中路 : 順に振り返ってみたいと思います。
諏訪 : そういえば来年10周年やのに何の企画もないねって言ってたよ。
諏訪 : 振り返りナイト。
MC中路 : 上田さんは打ち合わせで、ちょっと遅れての登場となります。
諏訪 : 振り変えらナイトやった。
MC中路 : ちょっと駆け足になるかもしれませんが、
諏訪 : 上田は京都に向かってるらしい。
MC中路 : お付き合いのほど、よろしくお願いいたします。
永野 : なるほど。歴史を振り返るべき時なんやね。
諏訪 : そういうのはどんどんやろう!
永野 : 10周年企画も何か思いつくやろ。
MC中路 : 後々、メンバーが増えていきますので
諏訪 : はいはーい。
永野 : おっしゃ。
MC中路 : では、まず、早速、ヨーロッパ企画第1回公演「ところで、君はUFOを見たか?」の
諏訪 : 出た!UFO
MC中路 : ダイジェスト映像を、ご覧いただきつつ、お話をうかがいます。
MC中路 : 今から9年前、1998年の作品です。どうぞー。http://www.europe-studio.net/studiofes3/chat/movie/01.htm
永野 : 熱い芝居!
諏訪 : ダイジェスト映像あんの〜!ゲ〜!
MC中路 : UFOにさらわれた2人が、船内で待たされてる、という設定の2人芝居なんですよね。
永野 : 9年前の自分は別人やと思ってるから。
諏訪 : 僕も。
永野 : あんまり好きな自分じゃない
諏訪 : スポ刈りとロン毛。
MC中路 : BBSにご質問などを書き込んでいただければメンバーがお答えします。
諏訪 : やっぱり恥ずかしいなあ。
MC中路 : 当時の稽古はどういう感じで行われたんですか?
諏訪 : 最後の熱いところはもう見れなくなったよね。ヨーロッパ企画では。
諏訪 : 稽古は永野君が新聞配達やってたんで
永野 : 近鉄奈良線の電車の中とか。
諏訪 : 僕が奈良の永野君の下宿に泊まりにいって
諏訪 : 夜中2時まで稽古して
諏訪 : 永野新聞配達行って
諏訪 : 僕寝て待って
永野 : 苦学生丸出しだったんで
諏訪 : 永野君が帰ってきたらまたやって、みたいな。
MC中路 : 苦学生だったんですか?
永野 : いつ寝てたんだろう
永野 : 働きすぎて当時の顔グロいもん
諏訪 : しわくちゃ
永野 : 朝刊夕刊集金業務
永野 : で、しわくちゃ
永野 : カフェイン剤ばっか飲んでた
諏訪 : 見ていてお互い変わったなーと思うところはありますか?>なんか昔は芝居がゴツゴツしてたけどやわらかくなった。
永野 : それによって人格まで変わったような気がしますよ
諏訪 : 永野君は今のほうが若くみえる気がする。ロン毛ぜんぜん似合ってなかったし。
永野 : 昔は理系人って感じで見てた気がします
永野 : ロン毛ミスチルみたいでしたけどねえ
諏訪 : 永野君が電車とかで帰り道すごい芝居に自信があるというようなことを言っていて
MC中路 : BBSにもありますが、再演はありそうですか?
諏訪 : この人すごいなあ、全然違う人種なのかもしれないと思った。
永野 : 今映像見たらショックですけどね
MC中路 : DVDとかになったりはしないんですかね。
諏訪 : こないだラジオドラマになったんだけど
諏訪 : 永野君の役がTAKE2の東さんになって、たぶん永野君は悔しかったと思う。
永野 : 僕宇宙人役やりましたよ。
永野 : 歯軋りしながら
諏訪 : その収録の帰り道、やっぱ二人でやりたいなあ、とか言ってた気がする。
永野 : サウダージのDVDの特典に撮りおろしで入ると思ってましたよ
MC中路 : 「ところで、君はUFOを見たか?」のさらに詳しいお話については、
MC中路 : 過去のスタジオ企画「5周年座談会」をご覧くださいませ。http://www.europe-studio.net/museum/5th/5th.htm
諏訪 : あれはなくなりましたね。
スタジオ編集部 : ヨーロッパ企画のこれまでの本公演をダイジェスト映像を見つつ振り返っています。
MC中路 : ベンチに座ってる男女以外、みんな天使という設定なんですよね。
石田 : この第二回から僕はヨーロッパに参加しました。
MC中路 : そうなんです、この公演で、石田さんと本多さんが、役者に加わりました。
諏訪 : 天使は人間に見えないという設定です。
石田 : 僕は人間にみえない天使の役でした。
★ : 上田さんが入室されました。
上田 : ただいまー。
諏訪 : 同志社大学の多目的ホール前で昼休みにやっているからざわざわしてるんです。
永野 : 石田くんは主役でした
諏訪 : おかえり
永野 : お疲れ様
石田 : 上ちゃんおかえりー
諏訪 : ダイジェストみるとざわざわしてるから盛り上がっているように見える。
諏訪 : 決してもりあがらず。
上田 : 盛り上がりはなかったですね。
MC中路 : そもそも、なんで野外公演だったんですか?
永野 : 風の音もうるさいですからね
諏訪 : 風でテントがバサバサいうし、ちょっとテントが動くし。
上田 : 諏訪さんが言い出したんです、野外は。
スタジオ編集部 : 現在は、「翼よごらんあれが恋の灯だ」の映像を見ながら話しています。
上田 : だから、僕がはさみで本番中、テントに穴を開けてまわってました。
諏訪 : 屋根なしテント。
石田 : ブルーシートだったでしょ
MC中路 : そんな中での初ラブコメディは、いかがでしたか。
永野 : ブルーシートで仕切ってるだけやった!
上田 : ブルーシートだったね。サティアンみたいな。
諏訪 : 声聞こえへんと思いながらやってた。
諏訪 : ブルーシートで上は青空でやたらと青かったなあ。
石田 : ブルーシートあんな音なるんですね。
上田 : 声聞こえんなあと思いながら見てましたよ。
上田 : ラブコメですよ、ラブコメ。
上田 : あ、あと、漏電してましてね。
諏訪 : ラブコメね。
上田 : 鉄骨に触ると感電するという事件もありましたけどね。
諏訪 : あったあった。
石田 : 感電したよ僕。
上田 : 感電する鉄骨にのらないといけないという。
石田 : 触らされたよ。どっきりみたいなんで。
永野 : 音響ブースの電流ですか?
スタジオ編集部 : 現在は、「翼よごらんあれが恋の灯だ」を振り返り中です。
MC中路 : 99年夏上演の「戦う」のダイジェスト映像をご覧ください。どうぞー。
MC中路 : http://www.europe-studio.net/studiofes3/chat/movie/03.htm
MC中路 : こちらは、とある外国の日本人緊急避難所を舞台にした、紛争モノ。
上田 : ちなみに、「翼よ」のキャンプでであったおっちゃんは、→http://www.europe-studio.net/museum/studiofes/saturdaynight/movie/masudashin1.mov
上田 : ごめんなさい、戦うですね。
諏訪 : ポーヤ。
永野 : これは芝居の余韻からなかなか抜けれなかったなあ。すごく好きな劇ですよ。
石田 : 「戦う」はなんかよく覚えてます。
上田 : ポーヤって、あれですね、シルバニア共和国のコーンフレークの名前。
石田 : ちゃんとしたホールでやったからか。
諏訪 : 架空の国。
石田 : これは新町小ホールですよね。
上田 : 戦うは、印象深いですねー。
諏訪 : 舞台が立派ですね。
上田 : はじめてちゃんとした公演みたいな印象。
石田 : なんでここでできたんだろう。僕らみたいなもんが。
諏訪 : 面白かったなあ。これも再演できるんじゃない?
MC中路 : 諏訪さんは最初のセリフの長いツッコミに、だいぶん苦労なさった、とお聞きしました。
上田 : これも再演できますかね。やりたいですよねえ。
スタジオ編集部 : 現在は99年夏に上演した「戦う」を振り返り中です
諏訪 : これを見た中川さんがアンケートに面白くなかったみたいなことを書いたんだ。
上田 : 「乾いてますね」と書いたんですよ。>諏訪さん
諏訪 : いい意味で?
石田 : 中川さんが観に来てたんですね。当時柳川という劇団にいて。
永野 : 「乾いてますね」ってなに?
MC中路 : 「いやだって、コーンフレーク自体、もともとそんな冴えた食べ物じゃないじゃない」という諏訪さんのセリフ。
上田 : 悪い意味でしょう。あてつけでしょうきっと。
上田 : うわー、長いセリフですねえ。
諏訪 : MCがなぜそのせりふを知っている?
諏訪 : きびしい!
MC中路 : 聞きました。
上田 : 厳しかったですか?
スタジオ編集部 : 99年夏に上演した「戦う」のダイジェスト映像を見ながらチャットしています。
上田 : 坪倉がハルエさんと仲良くしようとして、菓子を投げたら、ハルエさんの目に当たったという。
★ : 松田さんが入室されました。
★ : 酒井さんが入室されました。
諏訪 : ははは!上田!
酒井 : どうも、こんばんわ
松田 : こんばんは
永野 : 本田君
石田 : こんばんはー。
上田 : どうしてっかなあ。また小劇場チャットのときにしゃべりましょう。
上田 : こんばんはー、お2人。
MC中路 : この公演で、酒井さんと松田さんが、初めて役者として出演されました。
酒井 : 色かぶったのでこっちにします
諏訪 : こんばんわ
石田 : 二人は翼の再演から参加ね。
松田 : 私はこれが本当に初舞台でした。
上田 : ちなみにヨーロッパのヒストリーは→http://www.europe-kikaku.com/europe/histry.htm
上田 : マジ初舞台でしたね。
MC中路 : 松田さんは音響から、転身されたということで。
松田 : 芝居なんてしたことなかった。
スタジオ編集部 : 第4回公演「翼よごらんあれが恋の灯だ」(再演)について振り返っています。
石田 : 翼初演の音響ね。
石田 : 感電ブースの音響だったでしょ。
松田 : 「戦う」で爆発音入れまくってました。
上田 : 風揺れブースの音響でしたよね。
永野 : 効果音担当だったんだ
松田 : 感電するわ、イントレが浮くわで大変でした。
上田 : 舞台のほうがマシだ、と。
石田 : 風でね。
MC中路 : 酒井さんも、舞台美術としてヨーロッパ企画に参加されていましたが、
石田 : 酒井君はイントレとかタンカンとかおさえる係りだったよね。
石田 : なぜ出てきたの?
MC中路 : この公演で役者へ転身された、と。
松田 : 2年アメリカ居ただけなんで、帰国子女になれず帰ってきてしまいました。>諏訪さん
酒井 : 「戦う」から舞台美術をやらしてもらってたんですけど、
上田 : 酒井君は、新人として「翼よ」をみて、「今まで僕が見た中で、5本の指に入る面白さですねえ」などと抜かしやがったので、
石田 : 帽子をかなり斜めにかぶってたよね。
諏訪 : 二年ではなれないんだ。もうこの話おわってるね。>松田さん
上田 : みんなわりと「あいつちょっとなあ」ってなってましたね。
酒井 : それもまあ、ホントは役者で出たいですって上田さんに申し出たところ
スタジオ編集部 : 第4回公演「翼よごらんあれが恋の灯だ」(再演)について振り返っています。
酒井 : 書くんやー>石田さん
石田 : 真由美さんはもう結婚したしね。
MC中路 : このとき、初めて「王」役で日替わりゲスト出演なさった、中川さんです。
諏訪 : ハルや!
石田 : 切ないね。
MC中路 : この公演は古代エジプトを舞台にした、ピラミッド建設のバックステージストーリー、ですね。
石田 : こんばんは>中川さん
中川 : ハルって呼んだことないでしょ。
松田 : もうすぐ赤ちゃんも生まれますからね。
上田 : 自分の二の腕に刺青で刻んだんじゃなかったっけ。
石田 : 復活しましたね。
上田 : おー、中川さん。
MC中路 : 中川さんは、「王」役で緊張して、声が小さかった、とお聞きしてますが。
中川 : やあやあ。
中川 : え、何、いきなりその失礼な質問は。
酒井 : 舞台に書いたからこの話題になったんじゃないすか>上田さん
★ : aannさんが入室されました。
諏訪 : ピラミッダーのダイジェスト何あれ?
石田 : 乾いてますねー>中川さん
スタジオ編集部 : お客様は、閲覧のみとさせていただきます。書き込みは
諏訪 : 今やろ>石田
中川 : 出番の待ち時間が長すぎるんだよ。ずっと静かに待ってたんだから。
スタジオ編集部 : お客様は、閲覧のみとさせていただきます。
上田 : でも稽古のときから声小さかったですよ。
中川 : 今も、ピラミッダーの王様役も。
石田 : いま乾いてるわー>中川さん
上田 : 「へー」と思うぐらい、小さかった。
諏訪 : 「なるほど」と思ったもんなあ。
スタジオ編集部 : 書き込みはhttp://cbbs1.net4u.org/sr4_bbs.cgi?user=9321europeの掲示板にお願いします。
MC中路 : ではここらへんで、BBSからの質問に
★ : 諏訪さんが退室されました。
MC中路 : いくつかお答えしたいと思います。
上田 : ラム肉さんより 「この前のラジオドラマと随分雰囲気が違うように感じたんですが、両方出演した諏訪さんはどうでしたか?」
石田 : キレた!
酒井 : 出て行ったし
★ : 諏訪さんが入室されました。
上田 : ↓はUFOの話ですね。戻りますが。
諏訪 : 帰ってきたよ〜!
中川 : 出てった!
酒井 : 何の感情の起伏やったんですか
上田 : ご機嫌で帰ってきた。
松田 : おちゃめキャラですね。
諏訪 : あのね、正直東さん器用で、永野君のこと器用やと思ってたら東さんの方が器用で、すごくやりやすかった。
永野 : ショックなこと言いますね!
石田 : 東さん新聞配達してないから稽古もできたでしょ。
諏訪 : でも、なんか悔しくて俺たちの9年は何やったんや!ってなって、結局僕らでおもろいもんやりたいなあって。
上田 : TAKE2の東さんですね。
永野 : 苦学生ってあんまり皮肉られることないんやけどなあ
スタジオ編集部 : BBSの質問にお答え中です。
中川 : えっ!ピラミッダーの話、終わり?
上田 : ついこないだUFOのラジドラをニッポン放送で録ったときのことですね。
上田 : つづきまして、晴れ女さんより「瀬戸中さんはお元気なのでしょうか?気になったもので… 機会があればちょこっとでも出演してもらえると嬉しいです。」
石田 : 瀬戸中さんは永野さんがたまに連絡とってるんでしょ。
諏訪 : 瀬戸中は広島でサラリーマンをやっているよ。
松田 : 瀬戸中さんは1年前の合宿に来ましたね。
酒井 : 今は実家のある広島におられるとか。
上田 : 瀬戸中さん、チャットとかやってくれるかなあ。
諏訪 : 上田のところに電話がかかってきたんでしょ。
永野 : 瀬戸中さんは実家の広島の方で元気にやってますよ。お互いの仕事の相談をします。>晴れ女さん
★ : aannさんが退室されたようです。
上田 : 僕のところに連絡来ましたよ。
諏訪 : なんやったっけ?
上田 : 営業のコツって上田君知らんかなあ、と。
諏訪 : コツって(笑)
上田 : ちょうどなんか、仕事でうまいこと行きはじめたころらしくて。
スタジオ編集部 : 現在、BBS(http://cbbs1.net4u.org/sr4_bbs.cgi?user=9321europe)の質問にいくつか答えています。
諏訪 : 津○弥トークに出てもらいたいなあ。瀬戸中。
永野 : 誘ってみます?
上田 : ユウヒ さんより「再演しか見てないので、わかんないですけど、王様って最後だけ出てきたんですか?」
上田 : ユウヒ さんより「再演しか見てないので、わかんないですけど、王様って最後だけ出てきたんですか?」
上田 : ごめん、タイムラグ地獄です。
松田 : 初演は王様がゲストとして最後でたんですよね。
石田 : 中川さん出番です。
上田 : ピラミッダーの話ですね。瀬戸中さんはいっぺん誘ってみましょう。
諏訪 : ハルや!
酒井 : 地獄ってほどでも、2行ですし
上田 : 王様がラスト前にでてくる、っていうシーンがありました。
松田 : で、そこの部分しか映像が残ってないんですよね。
中川 : だからハルって呼んだことないでしょ。
永野 : 完成式にみんな向かった後に、フラッと王様出てきて窓からピラミッドを眺めるんですよね
石田 : 鍋田さんの王様しか残ってない。
上田 : そうなんです。ちなみに残ってる映像は、同志社小劇場の先輩の、鍋田さんです。
中川 : セリフがああ、とか、うん、とかだけ。
スタジオ編集部 : 第5回公演「苦悩のピラミッダー」振り返り中です。
石田 : 日替わりゲストだったんですよね王様。
中川 : あと、やるじゃん、だっけか?
永野 : 「やるじゃん」でしょ
松田 : 私の棒読みの「王様!」というセリフをこの世から抹消してほしい。
酒井 : 完成したピラミッドを見て→やるじゃん
中川 : 玉田から出演依頼を受けたんだ、確か。
MC中路 : では、つづいて、2000年夏、第6回公演「衛星都市へのサウダージ」。
MC中路 : どうぞ。http://www.europe-studio.net/studiofes3/chat/movie/06.htm
上田 : 渋い王様だった。
諏訪 : ハルがフラッと出てきて小さい声で「やるじゃん」って言うと。
諏訪 : 会場がとても小さかったよ。
MC中路 : 宇宙船のデッキが舞台の、SFロードムービー。よその惑星に移住しにいく話ですね。
諏訪 : サウダージは。
上田 : おう、サウダージ!
石田 : こないだの再演とはだいぶんちがうよね。
酒井 : 中川さんに教えてもらったんですよね、その会場
MC中路 : 「サウダージ」は、つい先日再演になりましたが、2000年と比べてどうでしたか?
永野 : 諏訪さんトイレに行きました
松田 : サウダージの会場は今美容院になっている。
上田 : 大分違いますね。狭いし。どこが宇宙船のデッキだ、っていう。
上田 : 酒井が舞台つくったんですよね。
中川 : 柳川で使った会場だったんだよ。>酒井
酒井 : 舞台はそうですね、僕が
上田 : 舞台がまず違いますよね。
上田 : 初演はとにかく狭かったのですよ。
中川 : 金髪だなー、僕。
酒井 : ただのブルーグレーの壁でしたからね
永野 : 変わったデザインですね
石田 : スペースKSだ。会場は。
上田 : 中川さん「老人役すてきでした」っていうアンケートありましたよ。
松田 : 抽象舞台みたいだった。
上田 : 金髪がたたって、老人として見られたという。
石田 : あのときって酒井君はそんなに宇宙好きのキャラじゃなかったよね。
中川 : それ、お前の友達やろ。>上田
スタジオ編集部 : 第6回公演「衛星都市へのサウダージ」ダイジェスト映像を見ながら振り返っています。
諏訪 : 老人が踊らされるっていうことになってたんや。その人にとって。
酒井 : 一応当時テーマソングとして使わせていただいていた、かせきさいだぁ≡さんの「Sky nuts」って曲に出てくる
中川 : そいつ芝居観てへんやろ。
酒井 : 「シドミード調のラウンジ」ってのを意識してつくりました>舞台
上田 : 老体に鞭打たれるシーンになってたんですね。
石田 : 宇宙好きだったの?>酒井くん
松田 : イスが全部同じで暗転中に自分が正しいイスに座っているのか
酒井 : え?好きですよ、もう幼少から。>石田さん
上田 : 2000年度版は、宇宙自販機の話とか、なかったですね。
中川 : 全然芝居理解出来てへんやん。だとしたら。
諏訪 : イメージ力なさすぎやろ>酒井
松田 : わからなくて明転するまで毎回恐かった
石田 : あ、好きなのにあんなだったんだ。舞台。
石田 : イスは四角い箱みたいなやつでしょ。>松田さん
諏訪 : 好きやけどイメージと技術なかったんや。
松田 : コントライブ「ヨーロッパ企画」と舞台が似ていた気がする。
諏訪 : 当時トイレって言われた舞台ですよ、これ。
酒井 : 画力もなかったので
上田 : 酒井に「デッキってこんなんでしょ」って言われて、ひっくり返ったよ。
石田 : 似てた似てた。あれ宇宙じゃないよね>松田さん
諏訪 : 今も画力ないですよね。>酒井
松田 : イスがすごいいっぱい並んでいて暗転中にパニックになる所も一緒。
酒井 : イメージはすごい広がってたんですけど、画力とかあとまあ時間とか色々足りなかったと
石田 : 宇宙船とコントライブが一緒って!
酒井 : 画力はずっとないですよ、幼少から>スワさん
諏訪 : NOSMOKINGのシールだけがリアルっていう。
諏訪 : 悲しいなあ>酒井。
上田 : 「宇宙船だから水色にしました」みたいなことを言われて、死にかけた。
石田 : 幼少から。って別にウケてないよ。>酒井くん
諏訪 : 死にかけた!(笑)
スタジオ編集部 : 現在、第6回公演「衛星都市へのサウダージ」を振り返っています。
永野 : 再演のサウダージの舞台の色をペンキで作ってるとき、初演みたいにならないようにって注意されたわ
酒井 : 死にかけはせんでしょう、ペンキの色ぐらいで
酒井 : ブルーグレーですね、水色って言うか
石田 : ショックで死にかけた!(笑)
上田 : 「乾いたらいい色になりますから」って言われて、待ってみたけど変わらんかった。
上田 : 次の朝も、おんなじ色。
松田 : 1回暗転中にイスであせった石田さんにイスから押しのけかけられた。
酒井 : 乾いたら色落ち着く予定が、わりと鮮やかなままやった
上田 : このチャットのバックみたいな色でしたよ。
諏訪 : 安い水色やなあ。
上田 : ラム肉さんより、サウダージセットについて「クロマキーみたいですね。」
酒井 : いやいや、チャットの白じゃないほうの行の水色くらいだったでしょう
MC中路 : ではでは、つづいて、2000年12月、第7回公演「冬のユリゲラー」。
諏訪 : クロマキー!(笑)うまい!
石田 : 青色とか水色とか好きなんよね、酒井くん。
酒井 : ブルーグレーですし
MC中路 : ダイジェストをどうぞ。http://www.europe-studio.net/studiofes3/chat/movie/07.htm
MC中路 : エスパーの集まる喫茶店が舞台の、サイキックコメディ、ですね。こちらもつい先日、再演になりました。
酒井 : いや、好きですけど、色抜けないでしょう別に
上田 : 酒井、しっ。
諏訪 : 酒井はよくジーパンで上の服紺でかばん紺で靴だけが白っていう時期がある。
酒井 : いやいや、「しっ」て
酒井 : 時期って
上田 : 青い男の時期、ありますね。
石田 : 青が大好きなんよね。
諏訪 : 冬ユリね。あのサイね。
酒井 : いや、ありますよ正直。
上田 : ユリゲラーみてますか、みなさん。
MC中路 : 「冬のユリゲラー」のクライマックスでは、永野さんが宙吊りで空を舞ったそうですが…。
酒井 : 青が大好きですよ
上田 : 冬ユリですよー。
永野 : ワイヤーアクション
石田 : 「石田さん、僕青大好きなんですよ」って言われたことあるもん。
上田 : ワイヤーアクション、当時からありましたね。
諏訪 : 見事にひらきなおってんなあ!>酒井
松田 : 寒色で落ち着くんですね。
上田 : 普通、プロなら4人がかりぐらいで吊り上げるんですけど、
石田 : 「青のもん選んじゃうんですよねー」って言われたこともある。
上田 : 2000年当時は、2人で吊り上げてましたね(笑)。
酒井 : いや、別に石田さんによびかけてまで言ったことはないと思いますけど
上田 : 当時スタッフの丹原さんと、玉田くんと。
石田 : 知らんわと思った。
上田 : 怪力で吊り上げる、っていうシステム。
諏訪 : 完全にガテン系。
永野 : けど窓ちっちゃかったからあんまり飛んでるのわかんなかったんじゃないかなあ
永野 : 股が猛烈に痛い
諏訪 : 体重以上の力をロープに込めて引っ張り上げる。
上田 : 窓ちっちゃかったし、石田がかぶるんですよ。
酒井 : 人形でよかった説もありましたねえ。
上田 : 役にはいりすぎて、サンタを見ようとして。
スタジオ編集部 : 第7回公演「冬のユリゲラー」を振り返っています。
諏訪 : 踏ん張りとか気力気合根性勇気など込めまくって引っ張り上げる。
石田 : 窓スリガラスみたいでしたよね。
中川 : 当時は坊主だったなー。
上田 : 客席から、誰一人見えてなかったんじゃないかなあ。
松田 : しかもガラスじゃなくてプラ板みたいなのが窓で
松田 : 外が見えにくかった。
石田 : 役的には見入っちゃうから>上田
酒井 : 塩ビ板ですね、あれは
永野 : 再々演の土佐さん見ながらちょっとうらやましかった
松田 : そもそも見えにくかった。
永野 : 大胆に飛んでるから
松田 : 吊られ損だったんですかね。
上田 : 再々演の土佐さん、ピーターパンみたいに飛んでましたからねえ。
上田 : 滑空。
石田 : 赤いかたまりを持ち上げればよかったですね。
永野 : 蜘蛛みたいやった
酒井 : 窓も広いし、飛ばすの3人がかりでしたからねー、2007は
上田 : 赤いかたまりをほり投げればよかったですね。
石田 : 結構文句言ってましたよね永野さん、股間が痛いとかいって。
上田 : 宙吊りの話ばっかじゃん(笑)。
酒井 : 2枚あったえんじのジャージの片方をねえ。
永野 : 赤いかたまり雑すぎるよ
諏訪 : 赤い照明を当てればよかったね。
上田 : 赤い照明をフワッと窓に当てればよかったですね。
酒井 : それは、サスペンスみたいになるんじゃないですか?>スワさん
MC中路 : ではでは、この辺で時間が来てしまいました。
永野 : 股間の痛さはシステムに不具合があるからだと睨んでたから
上田 : おー、もうこんな時間。
MC中路 : 以上、2000年までの本公演を、駆け足で振り返ってみました。
石田 : えー
上田 : 2002年まで行かなかったですねえ。
諏訪 : 煙たいて赤の照明でよかったね。
石田 : もう終わりー
松田 : いびつな振り返りでしたね。
上田 : サンタなくてよかったですね。
諏訪 : これ結構いいんじゃない。
永野 : そんなに飛べてなかったの?
MC中路 : 2001年以降の作品については、14日金曜日のこの時間に、チャットにてお送りしたいと思います。
諏訪 : せりふで「あっサンタ」でよかったね。
酒井 : 火事でしょうそれは>スワさん
石田 : サンタ飛ばなくてよかったんだ。
MC中路 : 是非是非そちらも、お楽しみにー。
酒井 : そっか、みんなで窓かくしてサンタとか言えば
MC中路 : このあと22時から、本日のメインチャットがスタートします。
上田 : 22時から、メインチャット!
★ : 松田さんが退室されました。
MC中路 : 今やってる「データランドU-22」の結果報告も聞けるようです。
石田 : よろしくおねがいしますーさようならー
★ : 石田さんが退室されました。
上田 : またねー。
MC中路 : ひきつづき、第3回スタジオ祭りを、お楽しみください。
★ : 上田さんが退室されました。
諏訪 : さいならー!!
★ : 諏訪さんが退室されました。
中川 : わー。
★ : 中川さんが退室されました。
酒井 : ではではーまたあとで
永野 : またあとでー
★ : 永野さんが退室されました。
MC中路 : では、ありがとうございましたー。
★ : MC中路さんが退室されました。
posted by スタジオ編集部 at 01:00| チャットあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。